スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国防次官補「決着期待していた」…普天間移設(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】自民党の石破政調会長は6日、グレグソン国防次官補、キャンベル国務次官補、ベーダー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長と相次いで会談し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について意見交換した。

 石破氏によると、グレグソン国防次官補は会談で、「年内に決着することを強く期待していた。現行案以外の選択肢はなく、時期が遅くなればなるほど、解決は難しくなるだろう」と述べ、日米で合意されていた沖縄県キャンプ・シュワブ沿岸部への現行移設案の早期決断を求める米国の立場を強調したという。

 これに関連して国防総省のモレル報道官は6日の記者会見で、日本政府が移設先の決断を5月まで先送りしたことについて、「米国に関する限り、好ましいスケジュールではない」と述べ、日本政府の対応に不満を表明した。

r7ibk212のブログ
2010年お祭り
クレジットカード現金化
出会いランキング
債務整理
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。