スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決めない首相、危機感薄く…鳩山政権100日(読売新聞)

 決めない鳩山首相に、批判が強まっている。しかし、本人の危機感は薄い。

 19日夜、首相官邸。

 「米軍普天間飛行場の移設問題についてどう思うか」

 首相は、側近の民主党の川内博史衆院議員にこう尋ねた。

 川内氏が「米国が移設先に関する交渉のテーブルに着かないと何も決められない、ということを決めたのはすごいことです。そのすごさが理解されていない」と指摘すると、首相は、我が意を得たりという表情になり、「とにかく、がんばろうな。これからだぞ」と語ったという。

 クリントン米国務長官は21日(日本時間22日)、駐米大使を呼び出し、合意の早期履行を迫った。だが、首相は結論を先送りする判断を変えようとしていない。

 9月の政権発足時、政府高官は「年内に2010年度予算を編成し、普天間に決着をつける」と語っていた。100日間は、野党も厳しい批判を控える「ハネムーン期間」とされる。

 予算編成はメドが付いたが、マニフェストを一部修正した内容になり、国会審議は波乱含みだ。普天間の終着点はまるで見えない。24日で政権発足から100日。潮目が変わる気配が漂い始めた。

x508q3q6の日記ブログ管理ツール
r9lst09aの日記ブログ管理ツール
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。